シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元 中国新聞 美人記者 新山さんに てくばり活動 くぎりの100号を迎え 取材して頂きましたヨ。(感謝)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元 中国新聞 美人記者 新山さんに てくばり活動 くぎりの100号を迎え 取材して頂きましたヨ。(感謝)

自分よりも、てくばり活動に関わってくれている方の モチベーションがドえら~いあがっているのは、ビックリ ありがたいことですね。

誰かさんの 「鼻の下が伸びている」という突っ込みご どうぞ遠慮くださいませ~~~。。。(勘弁)

10311716_821367987975674_6740058330416888114_n 12122870_821368001309006_8451330495494567872_n 12088430_821368017975671_2767937759839507080_n 12088598_821368037975669_4471131510993058574_n 12105936_821368057975667_6887351897005915603_n 1002361_821368054642334_6633193714516264973_n 11232713_821368074642332_5383974953860999123_n 12096101_821368101308996_8367364502479533738_n

てくば理念:

てくばり仲間は、主体性を発揮しながら(自己責任)、目的を持ってはじめ(自ら立つ)、重要事項を優先し(自己管理)、まず相手様のことを理解すること に徹して、そして自分も理解され(感情移入)、お互いがよしの関係を気付き(人間関係)、相乗効果をおこしながら(創造的な協力) それぞれが自己実現す ることを目的とした団体です!

それぞれの高い目標達成のために 日々刃を研ぎながらより成長が感じられる、レベルの高いチームにしていきましょう!

★ 中国新聞さんのご紹介 ★

Wikipedia  より。

https://ja.wikipedia.org/…/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%96%B0%E8%8…

中国新聞社
曖昧さ回避 この項目では、日本の広島県に本社を置く新聞社について説明しています。

発行している新聞については「中国新聞」をご覧ください。
中華人民共和国の通信社については「中国新聞社 (中華人民共和国)」をご覧ください。

株式会社中国新聞社
The Chugoku Shimbun Co., Ltd. 種類 株式会社
略称 中国新聞社
本社所在地 日本の旗 日本
〒730-8677
広島県広島市中区土橋町7番1号
設立 1892年(明治25年)5月5日
業種 情報・通信業
代表者 山本治朗(社主・代表取締役会長)
岡谷義則(代表取締役社長)[1]
資本金 3億円
売上高 255億5千万円(2010年12月期)[2]
従業員数 511人 内訳:男446人、女65人(2012年2月1日現在)[2]
決算期 毎年12月末 [1]
外部リンク http://www.chugoku-np.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社中国新聞社(ちゅうごくしんぶんしゃ)は、日本の広島県広島市発祥の新聞社。

地方紙(中国地方のブロック紙)の中国新聞を発刊しており、新聞発行のほかに、書籍の刊行やイベントの主催なども行っている。本社は広島市にあり、広島県福山市と山口県周南市にも地域本社を置く3本社体制である。

目次

1 歴史
2 事業所
2.1 本社
2.2 支社
2.3 総局
2.4 支局
2.5 ステーション
3 刊行物
3.1 新聞・書籍
3.2 フリーペーパー
4 グループ企業・事業
5 放送局との関係
6 主催イベント
7 関連人物
8 友好社
9 契約通信社
10 受注印刷紙
11 脚注
12 参考資料
13 関連項目
14 外部リンク

歴史
被爆前。
被爆後。
米軍が撮影した八丁堀周辺の被爆前後。横断する道路が相生通りで写真中央右の広い敷地が幟町国民学校。そこから右下三角形の建物が広島東警察署で、その左隣の真四角の建物が当時の中国新聞社屋。
原爆投下後の市中心部。中央やや右を縦断するのが相生通りであり、その道沿い手前から2つめの三角形の建物が東警察署で、その一つ向こう側が当時の社屋。

1892年5月5日 広島市大手町4丁目(現・広島市中区大手町2丁目)において会社設立。
1925年5月10日 姉妹会社の呉新聞社より呉新聞を創刊。
1926年3月24日 広島市上流川町(現・中区胡町)に新社屋(3階建て)が完成。
1931年2月11日 中国駅伝(広島~福山間)を創設。
1935年2月11日 中国新聞本紙に添付されていた「防長版」を廃止し、中国防長新聞を創刊。
同年10月26日 芸備日日新聞を事実上の中国新聞傘下にする。
1936年5月14日 航空部を新設。
1937年1月20日 広島市上流川町に8階建ての新社屋(現在の三越広島店がある場所)が完成。
1941年9月1日 新聞事業令が公布され、一県一紙体制に移行。中国防長新聞が廃刊。呉新聞に芸備日日新聞が統合。
1942年5月5日 創刊50周年を記念し、中国文化賞を制定。
1945年8月1日 空襲による呉新聞社の焼失により、中国新聞社が呉新聞を発行開始。
同年8月6日 原爆投下のため被災し、社員113人を失う。代行印刷を他新聞社に依頼。
同年8月9日 他社印刷で新聞の発行再開。
同年9月3日 温品に疎開していた輪転機で自社印刷再開。
同年9月17日 枕崎台風による風水害で新聞発行が不可能となり、再度、代行印刷を他新聞社に依頼。
同年11月3日 本社屋に復帰し、新聞の自力印刷を再開。
1946年6月1日 有限会社夕刊ひろしま新聞社を創設し、夕刊ひろしまを創刊。
1947年1月21日 会社組織を合名会社から有限会社に変更。
同年11月15日 呉新聞社を吸収合併し、会社組織を株式会社に変更。
1948年6月28日 鈴木三重吉賞制定。
同年11月3日 中国新聞に呉新聞が統合。
同年12月1日 夕刊ひろしま新聞社の社名を有限会社夕刊中国に変更し、新聞名も同じく夕刊中国とした。
1949年10月1日 夕刊中国の名称を夕刊中国新聞に変更。
1952年4月28日 中国体育文化賞(現・中国スポーツ賞)を制定。
同年10月1日 夕刊中国新聞を廃刊し、発行会社は中国新聞社が吸収。
1969年9月23日 広島市中区土橋町に中国新聞ビルが完成し、本社を移転。
1977年5月3日 第1回「ひろしまフラワーフェスティバル」開催。
1983年12月10日 広島市西区で井口工場が完成し、オフセット輪転機を導入。
1988年7月31日 コンピュータによる新聞制作システムCTSに全面移行し、鉛活字が消える。
1991年11月5日 山本朗会長が勲一等瑞宝章を受章。従三位に叙せられる。
1995年4月14日 オフセット輪転機2号機が稼働。
1996年1月21日 第1回「天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝)」を開催。
2001年3月1日 広島市中区の本社のほか、新たに福山市に備後本社、徳山市(現周南市)に防長本社を置き、3本社体制がスタート。
2003年5月1日 印刷工場の福山制作センター(プレッセびんご、2005年11月から「ふくやまちゅーピーパーク」)が稼動。
同年7月1日 中国新聞読者のポータルサイト「ちゅーピーくらぶ」が発足。
2005年11月4日 廿日市市大野で新印刷工場の広島制作センター(ちゅーピーパーク)が稼働。
2007年3月1日 携帯電話の情報サイト「ケータイde中国新聞」がオープン。
2009年3月1日 報道・編集・メディア・製作管理の4センターで構成される総合編集本部が始動。
2011年3月1日 中国新聞朝刊電子版を創刊。
2015年4月30日 夕刊を休刊
2015年5月1日 夕刊に代わる新媒体として、「中国新聞SELECT」を創刊(当面は本紙とのセットのみ宅配で販売)

事業所
本社
中国新聞広島本社
中国新聞備後本社
中国新聞防長本社

広島本社:広島県広島市中区土橋町7番1号
備後本社:広島県福山市御門町3丁目2番13号
防長本社:山口県周南市御幸通2丁目22番

支社

東京支社:東京都千代田区内幸町2丁目2番1号 日本プレスセンタービル2階
大阪支社:大阪府大阪市北区堂島2丁目1番43号 紀陽ビル5階
呉支社:広島県呉市中央2丁目1番1号

総局

東広島総局:広島県東広島市西条岡町5番7号
岩国総局:山口県岩国市麻里布町6丁目4番17号

支局

広島県:安佐北、安芸高田、西広島、北広島、大竹、三次、庄原、江田島、竹原、三原、尾道、府中、世羅
山口県:山口、玖珂、柳井、大島
岡山県:岡山、井原、笠岡
島根県:松江、川本、浜田、益田
鳥取県:鳥取
福岡県:福岡

ステーション

広島県:安芸海田、東城、因島
山口県:下松、光

刊行物
新聞・書籍

刊行中

中国新聞
中国新聞朝刊電子版

廃刊

中国防長新聞(1935年-1941年)
呉新聞(1945年-1948年)
ジュニア中国 – 中国ジュニア新聞 – 中国小学生新聞(1948年-1963年)
スポーツ中国(1964年-1965年)
中国新聞縮刷版(1966年-1975年)
中国年鑑(1962年-2000年)

フリーペーパー

ちゅーピー子ども新聞
Cue / Cue+

関連会社のメディア中国と共同で発行しているタブロイド判サイズのフリーペーパーで、20歳代後半から30歳代の女性を主な対象に設定している。主に中国 新聞購読者向けのCue[キュー](広島版、東広島版)と、中国新聞購読者以外のポストに無料配布するCue+[キュープラス](広島都市圏と周辺地域の み)が存在する[3]。

Cue

オールカラー:24ページ 発行:毎週金曜日
配布地域

Cue広島版:広島・呉エリア(広島市(一部除く)、呉市、廿日市市、大竹市、府中町・海田町・坂町・熊野町)。沿線のJR駅(広島駅、呉駅、瀬野駅、大竹駅など)には、駅利用者等向けの配布ラックが設置されている。
Cue東広島版:東広島エリア(東広島市、竹原市、三原市の旧大和町地域など)。沿線のJR駅(八本松駅、安浦駅、三原駅など)には、駅利用者等向けの配 布ラックが設置されている。東広島市内にある広島大学、近畿大学工学部、広島国際大学の構内でも配布。

Cue+

オールカラー・16ページ(Cueからテレビ番組案内、5・8・9・11面を除いたもの) 発行:毎月第3金曜日
配布地域

Cue+広島版:広島市(一部除く)、呉市(一部除く)、廿日市市(一部除く)、大竹市(一部除く)、府中町・海田町・坂町・熊野町。
Cue+東広島版:東広島市(一部除く)、竹原市(一部除く)。

Cue山口版

岩柳エリア(岩国市、柳井市など)。JR岩国駅には、駅利用者等向けの配布ラックが設置されていた。2007年2月2日に追加創刊された(岩国駅での配布 分は、広島版から山口版に変更)。2012年4月時点で、山口版は公式サイトの配布エリアに含まれていない[3]。

旅Cue

旅行情報を掲載した旅Cueも本紙に挟み込まれていた[4]。

中国新聞mesemaga(2013年12月まで)→Cue備後(2014年1月~)

福山市とその周辺地区では、備後本社発行の『中国新聞mesemaga(メセマガ)』が毎週金曜日に配布されていた。2014年1月発行分から広島・山口 地区に準じ『Cue備後』と改題してリニューアルした。福山駅などには駅利用者等向けの配布ラックが設置されている。
いずれも紙面には広島県内4局とテレビせとうちの1週間分のテレビ番組表が掲載されている。

地域ニュースかわら版

中国新聞の各販売所では中国新聞ファミリーとしてミニコミ紙地域ニュースかわら版が発行され、新聞の折り込みチラシと一緒に折り込んで配布されている。

グループ企業・事業

中国新聞社会事業団 [1]
広島国際文化財団 [2]
中国印刷 [3]
中国新聞サービスセンター [4]
中国新聞輸送
ひろでん中国新聞旅行[5]
中国新聞文化事業社
中国新聞販売センター [6]
中国新聞広告社 [7]
中国新聞情報文化センター [8]
中国新聞企画サービス [9]
メディア中国 [10]
ふれあいチャンネル[11]
中国コミュニケーションネットワーク[12]
ちゅーピーパーク [13]
中国新聞システム開発 [14]
中国即売
中国新聞福山制作センター
中国新聞広島制作センター
メイツ中国[15]
尾道ケーブルテレビ[16]

放送局との関係

地元広島県の民間放送局全てと関係があり、CMも放映している。この中で、名前が似ているRCC(中国放送)は中国新聞社がグループで30数%の株式を保 有する主要筆頭株主であり、実質的な関連会社である[5]。広島テレビ(HTV)やテレビ新広島(tss)などはキー局と親密な新聞資本の方が強く、広島 ホームテレビ(HOME)は朝日新聞社の関係会社(事実上のグループ企業)[6] に位置付けられている。これらの放送局でもCMが放映されている他、イベントを共催する事がある。

また、山口県の山口放送(KRY)とも関係があり、現在もCMを放送しているほか、ラジオの山口県内ニュースを提供している。さらに、産経新聞西部本部お よび毎日新聞社と関係の深いテレビ山口(tys)や、朝日新聞社およびみなと山口合同新聞社と関係の深い山口朝日放送(yab)でもCMを放映している。
主催イベント

中国山口駅伝
天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(旧中国駅伝)
織田幹雄記念国際陸上競技大会
中国実業団対抗駅伝競走大会
全広島サッカー選手権大会
第九ひろしま
碁聖戦(旧日本棋院第一位決定戦)

関連人物

石丸椎菜(「ちゅーピーくらぶ」キャンペーンソングを担当)
大佐古一郎(元中国新聞記者・論説委員)
御田重宝(元中国新聞編集委員)
田邊雅章(元社員、映像作家)
鶴襄(元社員、学校法人鶴学園創設者、鶴学園名誉総長)
中川俊思(元社員、衆議院議員を8期務める)
野沢晃(サッカー日本代表、中国新聞系列会社の夕刊ひろしま新聞社に勤務)
平岡敬(元社員(編集局長)、第31・32代広島市長)
松重美人(カメラマン)
湊邦三(元社員、作家)
森本ケンタ(中国新聞社のイメージキャラクター)
山内リエ(戦後一時在籍、陸上競技選手)
わちさんぺい(中国新聞で連載した漫画家)

友好社

全国新聞ニュース網も参照。

北海道新聞社
河北新報社
新潟日報社
中日新聞社
神戸新聞社
西日本新聞社

契約通信社

共同通信社
時事通信社

受注印刷紙

以下の新聞の広島県及び周辺地区における地域版を、本社関連企業で委託印刷している。

中国印刷(広島市)
日本経済新聞
日経MJ
日経ヴェリタス
日経産業新聞
聖教新聞
公明新聞
デイリースポーツ(中国新聞広島制作センターと2社で分担)

中国新聞広島制作センター(廿日市市)
朝日新聞(2010年4月12日付までは、福山市の中国新聞福山制作センター)
日刊スポーツ(同上)

朝日新聞の山口県版については北九州市(編集・制作は福岡市)の西部本社版、それ以外の中国・四国地方版は大阪市の大阪本社版の印刷を受託している。
日刊スポーツは「日刊スポーツ新聞西日本」発行扱いであり、基本的に大阪本社版の記事がベースとなっている。広島・福岡地域向けに差し替えるページあり。
※なお、朝日・日刊とも山口県向けは東部と西部で委託印刷先が異なっており、西部向けはみなと山口合同新聞社(下関市)が受託している。

デイリースポーツ(中国印刷と2社で分担)

※デイリースポーツは、広島・山口県の委託宅配も行っている。

脚注

^ a b 「中国新聞社 第64期決算公告」、中国新聞社、2012年3月28日朝刊 24面。
^ a b “中国新聞 採用サイト”. 中国新聞社. 2012年4月26日閲覧。
^ a b “Cueとは”. 中国新聞社広告局. 2012年4月26日閲覧。
^ 丸ごと1冊、旅の魅力を詰め込んだ使える情報誌【旅Cue】WEB SITE[リンク切れ]
^ 全国紙とキー局の資本整理までは朝日新聞社・毎日新聞社との均等出資で、役員も3社から派遣され、3社とRCCの共同制作による「3社ニュース」が放送されていた。
^ RCCが3社均等出資だった時代は、現在よりも中国新聞の株式保有率が高く、報道面でも開局からしばらくの間は中国新聞社ラジオテレビ部への依存度が高 かった。その後の全国紙とキー局の資本整理の流れで、朝日新聞のRCC株と中国新聞のHOME株の保有比率調整が行われた。

参考資料

中国新聞・中国新聞社の戦前と戦後 小池聖一
中国新聞アプローチブック
中国新聞社史編さん室『中国新聞百年史』(中国新聞社)
中国新聞社史編さん室『中国新聞百年史 資料編・年表』(中国新聞社)
中国新聞社『中国新聞八十年史』(中国新聞社)
中国新聞社史編纂委員会『中国新聞六十五年史』(中国新聞社)
ひろしま戦前の風景 – 中国放送(RCC)。流川にあった戦前の社屋の映像がある。

関連項目

芸備日日新聞
呉新聞
夕刊ひろしま
地方紙
ブロック紙
マスメディア
ひろしまケーブルテレビ
ある勇気の記録(池上彰)
ひろしまフラワーフェスティバル(本部は中国新聞ビル内に設置)
ACジャパン(中四国事務局は中国新聞ビル内に設置)
広島東洋カープ(球団設立時に出資)





生口島にお住まいの 家のことでお困りの方は、、、 全国900店舗の共同仕入れで 一流メーカー リフォーム設備商品が地域一番店価格。。。 施工はすべて地元の職人による 安心 安全施工。。。
アトム電器 瀬戸田店 みのりや電業 正義の見方 べんりMAN25 にご相談くださいね!~



a4-%e8%a4%87%e8%a3%bd_r1602186566_01L_ページ_2_R
B5 リフォームベストセレクション2016 アウトレット瀬戸田店 便利MAN 26 A4カラー 2016 わが家みなおし隊 02b 新築_R


べんりMAN理念 :生口島にお住まいの、お困りごとを抱えている方を救い、これからの人生をより主体的に、元気ワクワク暮らしてもらうことを目的とし、存在する団体です。

べんりMAN行動指針:正義のみかた 便利MANは、お施主様の信頼にそむくことなく、誠意をもって対応し行動しなければならない! (信義誠実の原則より )


ゲスト良し!  職人良し! キャスト良し! の新築住宅



 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする